怪しい動きを感じたら?浮気の証拠を掴む方法とは!?

- 自分自身を浮気の誘惑から守るために

自分自身を浮気の誘惑から守るために

自分も浮気してしまう恐れあり

浮気のきっかけは、色々なところに潜んでいるものだ。
自分は絶対に相手のことを裏切るようなことはしない、と自信をもっている人でもうっかり、相手の誘惑に負けてしまうことはよくあるのだ。
欲求不満を解消したい、さみしさを紛らわしたい、と考えて、パートナー以外の人と関係を持ちたい、と思っていて、浮気を始めてしまう人も居れば、そんな気はなくても、気づいたら浮気にハマってしまっていた、なんて場合もあるのだ。
そんな状態にならないためにも、浮気をしないようにするための心得を知っておく必要がある。

誘惑に負けないための心得

浮気をしないようにするためには、パートナー以外の異性との付き合い方には、注意をする必要がある。
相手の家や自分の家に行かない、呼ばないのは当然のことながら、二人でお酒を飲みに行くのも危険だ。
また、仕事という逃げ道がない週末や金曜日の夜に、会うこともやめておいた方が良さそうだ。
また付き合いのある異性に対しては、パートナーがいることを絶対に伝えてくぎを刺しておきたいところ。
そして、パートナーの愚痴を絶対に言わないことも重要だ。
パートナーに満足していないのならば、自分も入るすきがあるのかなと相手に思わせてしまい、アプローチも強くなってしまう可能性があるからだ。
どれだけ、相手がアプローチを強めてきても、大事なのは自分の気持ち、流されてしまわないように、まずい、と思ったら、いったんトイレに逃げて冷静になるなどの対処をするとよいだろう。
相手の優しさに身をゆだねてしまわないように、パートナーとの関係で、ストレスを溜めないようにしておくことも、効果的である。

  ← 前の記事: